RSS

NEWS

線路内無断侵入し書類送検 ヒロミ<伊代に芸能界引退を決意させた>

森友問題の菅野氏へ たけし「あの人は何なんだ?売り出したいの?」

とんねるずのみなさんのおかげでした 視聴率一桁台「企画が迷走してる」

レプロの“支配力維持”のために新垣結衣が大量消耗のピンチ!フル稼働か!?

茂木健一郎の芸人批判に有吉弘行「“オワコン”使うのダサい」と皮肉

キムタク 満島真之介をいたく気に入る「マジであいつやべえな。なんか俺、大好物だわ」

倉木麻衣「出会いはなかなかない,音楽一筋」

「GET WILD」誕生秘話 小室哲哉が今明かす

日本企業のガラパゴス化 東芝問題の裏に隠された大問題

ビートたけし「この世界の片隅に」を絶賛!「勝てねぇな、アニメには」

厚労省検討が飲食店で違反した喫煙者に罰金!30万円!

居酒屋、例外なく禁煙に!受動喫煙の防止強化策で

ピコ太郎ギャラ数百億円 高須院長「なんとかなる」

日本企業の落とし穴「技術を磨き上げれば売れる」ヒット商品作れない企業

iOS端末の約80%が最新の「iOS 10」であるのに対し「Android 7.0」はたった1%しかいない現状

外食やコンビニ弁当を続けていると 「ミネラル不足」で大変なことに?

西内まりやに危機!?『突然ですが、明日結婚します』視聴率最低更新

清水富美加の告白本で業界人が青ざめた内容とは?

アップルの次期iPhone、サムスンの有機EL搭載でバッテリー持ち50%改善

先進国で最低 日本人の7割が「起業に無関心」

楽天市場

infotop

「医療大麻は海外では当たり前」というのは本当か?

:2016/10/28(金) 03:57:49.89 ID:

◆【医療大麻】「海外では当たり前」というのは本当か?

◇医療大麻 効果は「証明」されているか?

「医療大麻」とは、大麻や大麻に含まれる成分を、病気の治療や予防のために使うことを指すようです。
日本では大麻は麻薬として所持が禁じられており、医療応用を目的とした研究もできません。
一方海外では、様々な病気への治療効果があるのではないか?と研究が行われているのは確かなようです。
では高樹さんの主張のように、効果や安全性が「証明」されているのでしょうか?
まず、大麻に関して引き合いに出されることの多い、アメリカの状況について調べてみました。

◇医療大麻 アメリカの現状

参考にしたのは、アメリカで医薬品の規制を行っているFDA(アメリカ食品医薬品局)のホームページです。
アメリカでの医療大麻の現状や、FDAとしての立場についてQ&A形式で解説しています。以下、その一部を記します。
言うまでもありませんが、すべてアメリカにおける状況を前提としたものですので、日本のものと混同はしないでください。

Q)医療大麻は、一部の医療従事者によって、どのように使われているのでしょうか?

FDAは、大麻もしくは大麻由来の成分を含む製品が、様々な病気の治療に使われていることを認識しています。
例えば「エイズによる衰弱」「てんかん」「神経因性疼痛」「多発性硬化症による痙縮」「がんや、がんの化学療法による吐き気」などです。
しかし現在まで、FDAは天然の大麻や、その成分を含む製品を承認したことはありません。それらの製品の安全性や有効性は、どのような用途であれ、確かめられたことはありません。
アメリカでは確かに、一部の病気の治療に医療大麻が用いられているようです。しかし一方で、国としては医療大麻を承認していません。
(厳密にいえば、大麻に含まれるTHCという物質を科学的に合成した成分を含む医薬品は、一部承認しています)
アメリカは日本と異なり、州ごとに定める法令に強い力があります。
国としては規制していても、州が「医療用大麻は使用可能」と決めればそちらが優先されることもあります。
つまりアメリカの現状をまとめると、国としては認めていないけれど、各州の判断で「利用しても良い」ところもあるということです。
2016年6月時点で、アメリカの50州のうち25州で、医療目的の大麻の利用が認められているとされています。

Q)医療大麻は安全ですか?

FDAは天然の大麻およびその成分を含むどのような製品も承認していません。
これは、病気への有効性や安全性が確かめられた製品は存在しないと言うことを意味しています。
今後、医療大麻の有効性や安全性を吟味するための、適切な臨床試験が行われなければなりません。
FDAは医療大麻の利用に向けた科学的調査を含め、安全で効果があり、質の高い製品を適切に届けようとする企業の活動を手助けしていきます。

これは大麻に限った話ではありませんが、薬物には全て効果と副作用があります。
過去には「効果があり、大丈夫そうだから」と多くの人に投与された結果、思わぬ副作用による痛ましい被害が出る「薬害」が繰り返されました。
そのため現在では、医薬品として承認されるためには、実際に人間に投与して安全性を確かめる厳密な臨床試験を行い、そのうえで効果があるかどうかを調べる仕組みが作られています。
こうした厳密なプロセスを踏まなければ、効果や安全性について「証明されている」と言うことは出来ません。
FDAは、医療大麻に慎重な姿勢を崩さない一方で、複数の行政機関と連携し、研究を希望する製薬企業には審査のうえで必要な大麻を供給する仕組みを作り、臨床試験をサポートしているということです。

◇医療大麻 今後の展開は

医療大麻の規制について、アメリカの現状を簡単に見てみました。
まとめると、実際に使う事例は増えているものの、効果や安全性に関しては研究途上というのが現状のようです。

(▼記事を一部引用しました。全文はリンク先の記事ソースでご覧ください)

Yahoo!ニュース(個人) 2016年10月27日 9時0分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/mamoruichikawa/20161027-00061207/

■関連スレ
【社会】厚労省「医療用の大麻なんて存在しません」★3
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477588243/

続きを読む

サイト案内

芸能情報や流行のネタ等を2ちゃんねるからピックアップしてご紹介させていただいています。

掲載している画像や文章の著作権、肖像権等は各権利所有者に帰属致します。

削除依頼はお問合せフォームよりご連絡ください。

リンク集

おススメ記事